押入れリフォーム

押入れリフォーム!クローゼットに改造

押入れのリフォームは、数あるリフォーム工事の中でも、気軽にでき、費用もあまりかからないので、大変人気がありますね。
でも、押入れリフォームは、気軽にできる分、つい、あまり考えないで業者に発注してしまい、あまり使い勝手がよくならなかったり、収納容量が十分に取れなかったり…という失敗も多いようです。
押入れは上手に活用すると、とっても便利で、収納量の大きい空間に生まれ変わります。
しっかり、計画を立てて、よい改造計画を練りましょう。

 

押入れのリフォームで一番多いのはクローゼットに改造する…というケースでしょう。詰め込み式の押入れよりも、ハンガーパイプを取り付けた方が、洋服をかけて収納できるため、人気が高いリフォームになります。
ここでひとつアドバイス!押入れの奥行きは約80センチ。一般にクローゼットの奥行きは60センチです。
この20センチの差をどう生かすかがポイント。ただ、ハンガーパイプを一本つけるだけではもったいないので、工夫をしましょう。
たとえば、ハンガーパイプをずらして、2本にする。奥の壁側に棚を設置する(20センチの棚はバッグなどの収納にも便利です)。そんな工夫もできますので、業者の方と相談してみてください。

 

どのくらいかかるのか、いくつかの業者さんにちょっと見積もりをとって検討してみたい…という場合は、一括で見積もりを依頼できるサイト等を利用すると便利です。
全国でも利用者がNO1と言われる【ホームプロ】は、複数の業者さんに無料で見積もり依頼ができるだけではなく、「匿名」で依頼ができるが、なによりもいいですね。
はっきり計画が決まってないけど、なんとなく相談したい…という時などは、自分の住所や連絡先はあまり教えたくないものです。この「匿名」での見積もり依頼サービスは、他にはないうれしいサービスですね。

 

 

リフォーム ホームプロ

 

 

押入れのリフォーム:費用を抑えるには…

押入れのリフォームで、システム収納に変更しようとすると、どうしても費用がかかってきますね。
押入れ(クローゼット)の中の造作は、押入れ収納の市販のもので…というのも費用を抑えるアイデアの一つです。
また、クローゼットにリフォームする場合は、そのクローゼットドアの金額でかなり費用の差が出ます。
予算をオーバーしそうな時は、リフォーム業者さんに「ドアのランクを下げてもらう」というのもいいと思います。

押入れリフォーム:DIYで

自分で、押入れのリフォームをしちゃおう!という方も多いですね。
押入れの中段を取り除き、ハンガーパイプを取り付けるという作業は、それほど難しいものではありません。
日曜大工感覚でDIYができるでしょう。この場合、ひとつだけ、アドバイスがあるのですが、ハンガーパイプは「枕棚に取り付けること!」これは、とっても重要です。
よく、枕棚ではなく、左右の押入れの壁からハンガーパイプを付けている例を見るのですが、洋服の重みで、壁からパイプが下がってきてしまいます。(何れは壊れます・・・)
ですので、押入れの左右の壁ではなく、枕棚に天付で取り付けるのが正解です。
押入れのリフォームは、意外と簡単です。業者にお願いしてもあまり費用がかかりません。詰め込む押入れが便利な収納スペースになると、家中、すっきりします。「押入れリフォーム」おすすめです!